震源(地専門用語では震央)の所に人間が行って地震が起きているときにプレートを押さえてきたらどうかなってちょっと思ったので調べて計算してみました。

計算する数値としては、マグニチュードが地震の大きさを示す数値とTVで言われていたのでそこを手がかりにいろいろ調べてみることにした
まずマグニチュードって根本的になんだろうかということは自分自身よくわかっていないのでWikipediaに頼ってのお勉強タイム

マグニチュードとは
マグニチュード(英: magnitude / マグナトゥードゥ)は、
英単語で「大きさ・重要度」という意味の名詞[1]であり、天文学や地震学などにおいては対象の規模・大きさ・等級を定量的に表す指標値を言い、加えて、対数値を採用する場合が多く見られ、数量の比較の術語として多く用いられる(天体の明るさを表す等級など)。本稿では特に地震の規模を表す指標値について記述する。
地震のマグニチュードは、地震が発するエネルギーの大きさを表した指標値である。日本の地震学者和達清夫の最大震度と震央までの距離を書き込んだ地図[2]に着想を得て、
アメリカの地震学者チャールズ・リヒターが考案した[3][4]。リヒターの名からリヒター・スケール(Richter scale)ともいい、英語圏ではこの名称が一般的である。マグニチュードは地震のエネルギーの対数と線形関係にあり、マグニチュードが2増えるとエネルギーは1000倍になる。
地震学ではモーメントマグニチュード(Mw)が広く使われる。日本では気象庁マグニチュード(Mj)が広く使われる。


ということらしいですよ、要は大きさを分かりやすく表してる値なんですね、そしてマグニチュードは直接熱エネルギー(ジュール)に換算できるようでWikipediaにそれも載っていました

今回起きた東日本大震災はマグニチュード9.0ということはジュールで言えば2 ×10^18(E) J(下記表参照)

マグニチュード(M)  ジュール(J)
 
1.0(M) =       2 ×10^6(M) J

5.0(M) =       2 ×10^12(T) J ツングースカ隕石の衝突 (1908年)時に発生した地震(推定)

7.0(M) =       2 ×10^15(P) J M7.0: 史上最大の核兵器実験による人工地震

9.0(M)  =       2 ×10^18(E) J 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)

10.0(M) =       63 ×10^18(E) J 地球上で起こりうる最大の地震

27.5(M) =       1 ×10^44 J     超新星爆発で解放されるエネルギー




ジュールと大まかなエネルギー比較もWikipediaから抜粋して転載してみた

1 J    地球表面で地表から1メートルの高さにある小さなリンゴ (102 g) が持つ位置エネルギー

8.4 MJ   激しい労働をしない男性の1日の摂取カロリーの推奨値

1.5 GJ      雷の平均のエネルギー

47.62 GJ アメリカ合衆国の人口1人あたりの年間消費電力量

84 TJ     長崎に投下された原子爆弾が爆発したときに放出されたエネルギー

5.62 PJ 阪神・淡路大震災で発生したエネルギー(マグニチュード 7.3)

2.00 EJ  東日本大震災の時のエネルギー(マグニチュード 9)

133 EJ     2004年のスマトラ島沖地震で放出されたエネルギー

1.8×1047 J     太陽の質量の理論上の総質量エネルギー



計算手順は人間の馬力との比較計算のためにジュール→ワット→馬力という順に変換していきます

・ジュールは1ニュートンの力がその方向に物体を1メートル動かすときの仕事である
・1馬力 = 1秒間に75kg重の力で物体を垂直方向に1m持ち上げた時の仕事率
・1W (ワット)は仕事率。1秒間当たり1J (ジュール)の仕事を示す


1(J) = 1(W) 

1馬力 = 735.5(W) 

人間の平均的馬力は様々なサイトを見て探したところ大体0.25馬力くらいということなのでそれを使います

計算に入っていきます(本当は振動継続時間も入れなければいけないのですが大変になるので1秒間として計算しています)

1・1(J)は1(w)に変換して
  2 ×10^18(J) = 4000000000000000020(w)・・・①

2・①を735(w)で割って馬力に直すと 
  
  4000000000000000020/735 = 5442176870748299.3469387755102041 ・・・②

3・約(5442176870748299)馬力になりましたのでこれを人間一人あたりの馬力0.25で割って必要人数を出してみます、人間は15秒程度なら0.5馬力出るという記述もあったのでそれも計算

  5442176870748299/0.25 = 2,1768,7074,82993,196(人)
                    2京1768兆7074億8299万3196人
  5442176870748299/0.5 = 1,0884,3537,4149,6598(人)
                    1京884兆3537億4149万6598人
おおおおおこりゃ人間がプレートを押さえて地震を防ぐなんて無理ですな・・・・
ちなみにアトムとかなら・・・
100万馬力だから
 5442176870748299/100000 = 5442,1768,7074.8299(人?) 四捨五入して
                     5442億1768万7075人
ガンダムならどうかな
ガンダム は65000馬力らしいので
 5442176870748299/65000=837,2579,8011
                   837億2579万8011人

やっぱり無理だな。。


本当に人間なんて無力だなって数字が証明する結果になってしまいました。

地震は地球に生きてる限り仕方ないことなのかもしれません、本当は自分が九州にいるからそんなに簡単に冷静なことが言えるのかもしれません東北の人の気持には想像はできても
被災者の気持ちになれるわけではないので何を言おうと虚しく聞こえるような気がするので地震の凄さを数値で理解出来れば何かを変える方法を見つける糸口になるかもしれないと思ったので
もしかしたら不謹慎て言われるかもしれませんがやりました。


なお計算が苦手で地震についても殆どと言っていいほど無知など素人がWikipediaとかを読んで計算しただけなので、間違えや計算ミス等がある可能性があります、もし発見した方はコメント欄などを利用して教えて頂けると助かります。

参考サイト
マグニチュード(Wikipedia)

エネルギーの比較(Wikipedia)

人間は何馬力?