最近農業にも興味が出てきたので農業高校に通っている弟と一緒に祖父の家の余っている土地で小さな畑もどきを作ってみることにしました。ただ自分自身になにも野菜の育て方の知識がないので手順や必要な物をいろいろ調べてみたのでそれを、まとめてみました。
必要な物

・牛ふん・ケイフン・消石灰

・苗(初心者は種から育てるより苗からの方が育てやすいらしい)

・水

・クワとかショベルや移植ゴテとかは最低限必要

・根気


手順
1・野菜を植える土地の酸性度を確かめる、畑に以下の草が生えていたら酸性土
    オオバコ、ハハコグサ、キイチゴ、スミレ、カヤツリグサ、
    スギナ、シロアカザ

    酸性度に特に弱い 【タマネギ、ホウレンソウ、エンドウ】
    酸性度に弱い 【ナス、ピーマン、キュウリ、カボチャ、ニンジン】
    酸性度にやや弱い 【トマト、ダイコン、サトイモ、ジャガイモ、スイカ、メロン】
    酸性度に強い 【トウモロコシ、サツマイモ】


2・酸性度・植える時期も踏まえて何を植えるのかを決める(植える物によって次の土作りも変わってくるので注意)野菜同士の相性あるようなのでそこら辺も注意を!!
   
     野菜の苗植え(種まき)カレンダー
2月    じゃがいも・ミニにんじん・こかぶ・ほうれんそう
3月    チンゲンサイ・パセリ・キャベツ・ニラ・葉ネギ・レタス・しゅんぎく・こまつな・みつば
4月    落花生・ニラ・とうもろこし・かぼちゃ・こまつな・ほうれんそう・パセリ・枝豆・こかぶ・オカヒジキ
5月    トマト・ナス・メロン・ししとう・スイカ・ピーマン・しそ・とうがらし・オクラ・ほうれんそう・モロヘイ ヤ・ こかぶ・かぼちゃ・しょうが・とうもろこし・サトイモ・オカヒジキ・インゲン・チンゲンサイ・さつまいも・枝豆・ツルムラサキ
6月    ほうれんそう・カリフラワー・きゅうり・ミニトマト・みつば・モロヘイヤ・ブロッコリー・根深ネギ
7月    ブロッコリー・にんじん・カリフラワー・オカヒジキ
8月    はくさい・レタス・秋ダイコン・パセリ・チンゲンサイ・コカブ・にんじん
9月    はくさい・秋ダイコン・レタス・キャベツ・タカナ・ミツバ・ごぼう・らっきょう・コカブ・にんじん・春菊・たまねぎ・ サラダナ・ほうれんそう
10月    カブ・こまつな・ミツバ・そらまめ・エンドウ・チンゲンサイ・いちご・春菊・春ダイコン・キョウナ・葉ネギ
11月    エンドウ・たまねぎ・ほうれんそう・そらまめ


 育てやすい野菜 
 シソ、カボチャ、ニラ、モロヘイヤ、コマツナ、シュンギク、ゴボウ、
 ジャガイモ、チンゲンサイ、カブ、ラッカセイ、インゲン、ルッコラなど

 まあまあ育てやすい野菜 
 トウモロコシ、ピーマン、ミニトマト、オクラ、シシトウ、エダマメ、
 ブロッコリー、ホウレンソウ、ハクサイ、ダイコン、ネギ、ニンジン、
 サトイモ、レタス、カリフラワー、ズッキーニ、キャベツ、ショウガ、
 ヤマイモ、トウガンなど

 比較的むずかしい野菜 
 メロン、スイカ、イチゴ、ナス、トマト、キュウリ、セロリ、タマネギなど


3・土作り
 (1)クワなどで畑を30センチくらいを掘り起こし、小石や枝があったら取り除く

  (2)牛ふんとケイフン、消石灰を用意

 (3)牛ふん・ケイフンを撒く
 
 (4)消石灰を撒く

 (5)土・牛ふん・ケイフン・消石灰が混ざるようによく耕す

 (6)土はとりあえず完成

4・畝(うね)なんかも作りたい人は作ったらいいようだ(俺はめんどくさいから作らないけど)

5・苗を植える
 (1)苗を植える2週間前までに植える場所を深さ30㎝ぐらいまで掘り起こしておく
 
  (2)植える前にもう一度土を掘り起こし穴に腐葉土と化成肥料を入れよくかき混ぜる
 
  (3)苗を穴に入れ土を盛って水をかける

6・間引きは、通常双葉が開いてから本葉1~2枚のころと、本葉3~6枚のころの2回に分けて行うことが一般的。

7・収穫



注意点


水やりのタイミング水のあげ過ぎ(根ぐされの原因に)あげなさ過ぎ(枯れる)には注意、以下のタイミングであげればいいみたい
・ 種まきや苗の植え付けのとき(発芽するまでは特に乾燥に注意)
・ 土の表面が白っぽく乾燥しているとき
・ 全体的に元気がないとき
____________________________________________________
気をつける点
・ 夏の水やりは暑い日中を避ける
・ 野菜は夜に生長するので、夕方に水やりがベスト
・ 実を収穫する野菜や背の高くなる野菜は、根元に水やりする
・ 葉物野菜は水を上(葉)にかけてもよい
・ つぼみが出始めたら、生育が盛んになるので、多めに与える  
・ 乾燥・湿気に注意


植物の病気・虫食い:無農薬で育てる場合野菜が病気にかかることがある、また害虫に食い潰されてしまうこともある、周りの野菜にまで病気・害虫が及ぶのを防ぐために早期発見早期対応が大切、病気にかかっている野菜は直ちに摘み取って処分すること、害虫を発見した際は種類によって駆除方法が変わるので、害虫の種類を見極めて駆除方法を調べ対応すること。
          
      
      予防策
      1・土壌をよくしておく
      2・苗をあらかじめ病気・害虫に強い苗にしておく
      3・間引きをしっかりして、風通しや日当たりを好くしておく



連作障害:連作障害とは同じ種類の野菜を同じ場所で続けて栽培すると、生育が極端に悪くなったり枯れたりする場合があるので連作をしないようにする、もしくは連作障害が出にくい作物を栽培するようにする。

連作障害が出にくい野菜
    ダイコン、カブ、カボチャ、ニンジン、サツマイモ、タマネギ、ネギ、
    コマツナ、ニンニク、シュンギク、トウモロコシなど

連作障害が出やすい野菜
    1年休む
    キョウナ、カラシナ、ホウレンソウ、タアサイ、コカブ、エダマメ、
    インゲンマメ、カリフラワーなど
    2年休む
    ジャガイモ、ショウガ、レタス、キュウリ、ハクサイ、キャベツ、
    ニラなど
    3~4年休む
    ゴボウ、セロリ、ナス、トマト、ピーマン、シロウリ、サトイモ、
    ナガイモ、ソラマメ、ラッカセイ、メロンなど
    5年以上休む
    スイカ、エンドウ



内容に間違えがあるかも:自分は詳しくないなのでいろいろなサイトを回って自分に必要な情報をできるだけ分かりやすくまとめてみた物なので内容に誤りがあるかもしれません。

参考にさせていただいたサイト、下記のサイトは非常に詳しく書いてくださっているサイトです。

http://yasai.web-chance.com/
http://inaka-de.com/kateisaien/calender/yasai
http://richrichkonsan.blog62.fc2.com/
http://ameblo.jp/khimyu/
http://katesai.main.jp/index.htm
http://park12.wakwak.com/~tkt/index.html