TwitterのbotをpythonとGAEを使って作ってみました
いろいろ調べてみるとbotを作るためには、pythonやPHPなどのスクリプト言語が必要なようで、私はスクリプト言語は何一つ出来なかったのでスク リプト言語も一緒勉強しようと思ってどうせ勉強するならこれから人気が出てきそうなのをやろうということで、いろいろ調べたらpythonがこれから人気 が出そうだということでpythonを使って作ることにしました。
まず必要なもの

・Twitterのアカウント(今回はbot用にひとつ新たに取得した)

・pythonのプログラム環境

・tweepyを導入

・googleアカウントを取得(持っている人は取得は必要ない)
 
・Google App Engineを登録する(登録するには携帯電話のアドレスが必要)

・根気

・何をつぶやくかのアイデア


大まかな流れ

1・python公式サイトから自分のOS環境にあったpythonプログラミング環境の導入  


2・pythonの基本的なルールをpython公式チュートリアルで覚える


3・Google App Engineに登録する
  

4・Google App Engine SDK for Pythonをダウンロードする


5・Google App Engine SDK for Pythonをインストールして


6・FILE→create  new application→ApplicationNameを自分の作りたいアプリの名前変える


7・Parent  Directry はハードディスクのルートを指定する(ルートにApplicationNameの時に入れた名前のフォルダーが出来ているはず)


8・tweepyをダウンロードして7番の時作ったフォルダーの中に解凍して入れる


9・これ(あーあ、俺を認証してくれねぇかなぁ!!)を読んでtweepyを使えるようにする、つぶやくところまでの手順も説明しているのでそれを参考にする(基本的に7番で作ったフォルダーの中で作業をする)


10・7番で作ったフォルダーにテキストファイルを2個作って以下にそれぞれ名前をリネームしてその中に名前以下に有るテキストをコピーして貼り付け保存
   名前:cron.yaml
cron:
- description: cron job name
  url: /.*
  schedule: every 30(更新間隔を入れる) minutes

   名前:app.yaml 
application: アプリケーション名を入れる
version: 1
runtime: python
api_version: 1

handlers:
- url: .*
  script: main.py


11・後はGoogle App Engine SDK for Pythonを起動させてDeployボタンを押すだけで完了!!

以上の手順でTwitterのbotは完成するはずです、ただつぶやくだけではなくつぶやき検索や自動リツイートなど様々な機能が付けることができるの自分なりのbotを作ってみてください

ちなみに俺が作ったbotは「UFO」というキーワードを自動で検索してそれにを発言者のIDと内容をそのままコピーして返すという奴です(欠点:UFOキャッチャー・焼きそばUFOに反応してしまう)→ @ufoWatcherbot
まぁよければフォローしてみてください